フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

天気を知って大もうけ

050214-beer

「天気の知識は役に立つのだろうか?」

・・・と検索してみたら、少し面白いページが見つかった。理科の先生は、授業で紹介してみると良いかもしれない。ただ、そのまま使うには難しすぎる文章なのだが。

気象の変化による消費者行動を予測し経営の効率化を図る

あんまり面白くない。

画一的な生体リズムを見極め消費者行動を予測

ニーズが変化するポイントは気温25℃である。

ビール業界での気象情報の取り組みとリスク

ビール業界には驚くほど気象に詳しい専門家がいる。

WEB-POSによるリアルタイムな天気情報マイニング

季節や気象の変化に応じて変わる人の嗜好や生活スタイル、食欲や行動パターンなどを計測しモデル化する・・・ホントに?

気象情報を最大限に有効活用しているコンビニエンスストア

あるコンビニエンス会社は、5月末の段階で、ブロックアイスを通常の1.5倍程度入荷するような商品計画を立てて予約注文を入れた。