Feel Physics:わかりやすい物理学習アプリ

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

カガク雑誌いろいろ

050430-ScienceMagazine01

本屋で何気なく雑誌を見ていたら、科学雑誌が妙に多いのに気づいた。

まず上の写真は『科学のタマゴ』(学研、1680円)。あの左巻先生が監修しているらしい。付録は、よくわからんが、空気をためて噴射するボンベらしい。これで、ヘリコプターにして飛ばしたり、車にして走らせたりするみたいだ。飛ぶのはチョット面白そう。昼休みに校庭とかでやったら生徒も喜びそうだ。

リンク: 学研:科学のタマゴ.

050430-ScienceMagazine02

次は『大人の科学』(学研、1800円)。付録はなんと、エンジンだという。写真を見るに、ちゃんとシリンダも付いているようだ・・・すげえ。正直いって、さっきの空気ボンベよりもガゼン惹かれる。あ、両方とも学研なのか。工場でも持ってるのかな?

リンク: 学研:大人の科学マガジン.

050430-ScienceMagazine03

写真には上下2冊の科学雑誌が写っているのが、わかるだろうか。

上が『そーなんだ!』(DeAGOSTINI、490円)。特にこれといった付録は付いていない。ちなみにテレビ番組でも「そーなんだ!」というのがあるらしく、サブタイトルが「おもいっきり科学アドベンチャー」となっている・・・わけわからん。

リンク: 週刊そーなんだ! DeAGOSTINI.

リンク: おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!.

下が『カガくる』(朝日新聞社、490円)。朝日は、今年「Do科学」と銘打って科学振興イベントをやるようで、この雑誌もその流れの一環のようだ。付録はない。気になるのはこのイベントの方で、学研と協力して「こども科学教室」を全国で開き、作った科学教材は持ち帰ることができるという。なんか面白そうだ。俺も行きてえ。

リンク: 朝日新聞社の本:週刊百科:週刊 かがくる.

リンク: asahi.com: Do科学 - 朝日新聞社から.

まとめると子供向け科学雑誌は、学研から付録ありが2種類、それ以外の会社から付録なしが2種類、発行されている。個人的には、付録ありの方が断然おもしろそうだが・・・