読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feel Physics:わかりやすい物理学習アプリ

スマホのセンサーやHoloLensを使った物理学習アプリを作っています

「雲」と話してみたいと思うことが時々ある

なぜか?俺はこう考える。あいつらは、様々な姿を俺たちに見せてくれるが、あいつらの発するメッセージを、俺たちはほとんど受け取っていないのではないだろうか?

そんなわけで、これから不定期に雲について考えることにした。例えば今日は関東地方は快晴なのだが、天気図を見てみると・・・

20060111105749

ふむふむ、どうやら日本海側で雪が降っているおかげで、太平洋側は晴れているようだ。西から東に風が吹いているのは、西に高気圧、東に低気圧があるため。高気圧から風が吹き出し、低気圧に吸い込まれているのである。いわゆる西高東低の気圧配置というやつである。

ウィキペディアでもっと調べてみることにする。

リンク: 気圧配置 - Wikipedia.

冬型の気圧配置→西に高気圧、東に低気圧で日本付近は等圧線が込んでいることから、北東の風及び寒気が流れ込み、日本海側で雪または雨、太平洋側では晴天といった天気をもたらす。

リンク: 高気圧 - Wikipedia.

寒冷高気圧  
地表面付近に寒冷な空気がたまり、その重さで高気圧になったものを寒冷高気圧という。気圧が高いのは地上付近のみで、上空では高気圧にはならない。 大陸の放射冷却によってできるシベリア高気圧が代表的なものである。

なるほど。空気は冷たくなると重くなる。だから、シベリアの地表部には冬に大気がたまり、周囲に向けて冷たい風を吹き出すのだな。

うーむ、天気、なかなか奥が深くて面白いではないか。