フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

すべての教員は子供のネット利用を規制すべきだと考えている

タイトルと文章の冒頭部分の内容がだいぶかけ離れているが、これは単に話題がそれてしまったからであることを、まずここでお断りしておく。

◆eラーニングの利用シーン

さて、eラーニングの利用シーンを考えてみる。公立中学校なので、家でネットが利用できない生徒も多いことを考えると、いちばんメインとなるのは学校のパソコン室での利用だろう。そして次に多いのが家からの利用。ひょっとすると、ケータイからの利用もあるかもしれない。

家からの利用があると、生徒が不公平感を感じる可能性がある。あまり前面に出さない方がいいだろう。ただ、効率的な学習の機会が増えることは望ましいことなので、全体の利益を考えると家からのアクセスは許可すべきだ。

また、プリントをなくしてしまった生徒にとってeラーニングは良いだろう。なくしようがないからだ。ただし、そういう生徒に限って学習意欲が低いことが多いのだが。

平均的な生徒にとってはeラーニングはどのような存在となるだろう。知的好奇心が特に高いわけでもなく、学習意欲が特に高いわけでもない。ただしさすがに、定期試験や受験に対しては積極的になる。

このような生徒の場合、定期試験の直前にのみ利用するというケースが多いだろう。成績に影響するテストを設定して、その直前にやらせると積極的に取り組むかもしれない。ただし、同じ問題を紙ベースでも配っておかないとネットが使えない家庭からクレームがつくだろう。

◆ネット上のコミュニケーション

やはり一番気をつけなければならないのはイジメだ。生徒間のコミュニケーションは原則禁止すべきだろう。掲示板やウィキなども絶対設置しない。中学生はネット上のこういう場ではろくなコミュニケーションをしない。

そもそも親は子供にケータイを買い与えるのをやめてほしいし、ケータイキャリアは「入学おめでとう」とかいって中学生にケータイを買い与えるのを促進するのはやめてほしい。これは、断言するが、全国の教員全員の総意である。

教育委員会文科省も、事故が起きてから後手後手で対処するのではなく、必要な規制を先手先手で打っていくべきだ。通達でも条例でもいいから、教育界として子供にネット上のコミュニケーションの機会を与えることは危険なことなのだというメッセージを発してほしい。

経団連からは猛烈に反発されるし、通信業界とつながっている議員もへそを曲げるだろうが、志をくみ取ってくれる議員は必ずいるし、そうでなくても「これは票につながる」と考える議員はたくさんいるはずだ。

ケータイの国内市場も飽和しているので、メーカーとしては新しい事業展開や海外への進出を検討している。そういうメーカーにとっても良い景気となるだろう。痛みを伴って改革を行うべきだ。

そもそも、子供のケータイの利用を規制することは、国全体の利益になることは明らかである。

もし経団連ににらまれると政治家が選挙で勝てないというなら、外国に移住した方が良いかもしれないが・・・