フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

130725 【動画】放物線を描くような物体を投げ上げる運動をリアルタイム・グラフで見る

斜め上に物体を投げ上げると、その物体の描く軌跡は放物線になります。この運動を詳しく見てみましょう。

まずx軸(水平)方向について。物体はずっと同じ速度で動いています。いわゆる「等速運動」というやつです。
次にy軸(鉛直)本校について。物体は最初与えられた速度で動き始めますが、徐々に速度が減っていき、やがて0になります。このときが物体が頂点に達している瞬間です。
その後、物体の速度はマイナス(負)に転じます。物体はy軸に対して負の方向、つまり下へ向かって動き始めます。その勢い(速さ)はどんどん大きくなります。