フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

【動画】振り子のエネルギー保存をリアルタイム・グラフで見る

振り子が振れる運動を見てみましょう。

振り子は真ん中を通るときいちばん速く、端に来ると一瞬静止します。
このとき、運動エネルギーと位置エネルギーは、どのようになっているでしょうか。
1番上のグラフが運動エネルギーです。真ん中を通るときの運動エネルギーがいちばん大きく、端に来ると0になります。
2番めのグラフは位置エネルギーです。位置エネルギーは高いところほど大きく、低いところほど小さいです。グラフを見ますと、真ん中を通るときの位置エネルギーはいちばん小さく、端に来ると最大になっているのがわかるかと思います。
3番目のグラフは、運動エネルギーと位置エネルギーを足したものです。一定ですね。外部とのエネルギーのやり取りがないので、この振り子運動ではエネルギーが保存されます。