フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

ドリコム「コミュニティとゲームが生む熱狂を、教育の領域へ」 教育のIT化が始まる場所

リンク: 「コミュニティとゲームが生む熱狂を、教育の領域へ」ドリコム ソーシャルラーニング事業部長 石井氏【EdTech Night!講演レポート】 | EdTech Media.

  • ソーシャル(人とのつながり、コミュニティ)
  • ゲーミフィケーション(ゲームというルールが生み出す、競争)
  • データに基づく学習効率化

学習を継続するためのポイントは上記三つ。これをフリーミアムモデルで提供することをドリコムはやっていきたい。学習プロセスには、予習、習う、復習とあるが、復習での反復がもっとも学習効果があり、成長する領域だと考えて選んだ。しかし、反復はつまらなく、苦痛なことが多い。それを変えられるようなものを開発していきたいと考えている。

これは昔のiKnow(英単語を学習するサービス)にソーシャル性を加えたようなサービスですかね。

個人的には塾や予備校がどんどんIT技術を活用して教育を進化させていただいて、公的教育があわてて後を追う、みたいな構図になって欲しいですね。