読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feel Physics:わかりやすい物理学習アプリ

スマホのセンサーやHoloLensを使った物理学習アプリを作っています

物理動画が検索に引っかかるようにするための工夫 キーワードアドバイスツールの活用

キーワードアドバイスツールというものがあります。そのキーワードで何回検索されているかを見ることができるので、キーワードを比較することができます。ちょっとやってみましょう。

「物理」で検索している回数がこれです:

Butsuri

30K。3万回ですね。これに対して「受験物理」で検索している回数がこれです:

Jukenbutsuri

160K。16万回。5倍以上です。全然違いますね。

このことから、物理動画サイトには「物理」というキーワードよりも「受験物理」というキーワードを入れた方が良いことがわかります。

次は「運動の第二法則」。

Dainihousoku

4Kぐらいですね。これに対して「運動方程式」は・・・

Undouhouteishiki

20K。5倍ですね。

こういうのを意識してWebページやYouTube動画の説明文を書けば、検索に引っかかる回数も増えるわけです。

ちなみに「物理動画」だと20K。

Butsuridouga

「高校物理 動画」だと30K。

Koukoubutsuridouga

「物理講義動画」だと16K。

Butsurikougidouga

「受験物理 動画」だと、なんと160K。

Jukenbutsuridouga

さーて、私もがんばらなきゃ!