読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feel Physics:わかりやすい物理学習アプリ

スマホのセンサーやHoloLensを使った物理学習アプリを作っています

高校物理の運動のグラフをバスなどで気軽に体験できるアプリ

開発日誌

f:id:weed_7777:20160519115348j:plain

物理の学習に役立つアプリ(無料)の紹介です。速さを測り、リアルタイムにグラフを描きます。速さと時間のグラフ(vtグラフ)がよくわからない/これから勉強する、という生徒さんはぜひ試してみて下さい。

f:id:weed_7777:20160519120412g:plain



速さと時間のグラフ(vtグラフ)は、力学の3,4回目くらいの授業に出てきます。しかし、黒板や教科書のグラフを見ても、実際の様子はイメージしにくいです。

実は、iPhoneの「Speed Graph」という無料のアプリを使えば、気軽にvtグラフを「体験」できます。アプリをインストールしたら、バスや自動車、地上を走る電車などに乗りましょう。そして、

  • 止まっているとき、
  • 動き始めたとき、
  • 加速が止まって一定の速さで進んでいるとき、
  • ブレーキをかけ始めたとき、
  • 停車したとき、

どんなvtグラフが描かれるか、自分の体験で確かめましょう。

### インストール方法

App Storeアプリを開いて

>「検索」→「speed graph」

と入力してください。

この記事をiPhoneで見ている場合は以下のリンクを開いて下さい:

Speed Graph

Speed Graph

  • Dorada App Software Ltd
  • ナビゲーション
  • 無料

以下のような画面が現れると思います。
そこからインストールしてください。

f:id:weed_7777:20160519113409j:plain

### 使い方

#### 単位の変更

起動すると現在の速さが表示されます。屋内など衛星からの電波信号が届かないところにいる場合は、以下のように「信号待ちです」と表示されます。

インストール時は以下のように距離の単位がマイル(「MPH」Mile Per Hour)になっています。

f:id:weed_7777:20160519115948p:plain

中央に表示されている速さをタップして
「KM/H」に変えてください。

f:id:weed_7777:20160519120020p:plain

#### vtグラフの表示

iPhoneを横に倒すとvtグラフが表示されます。

f:id:weed_7777:20160519120412g:plain

(iPhone6Plusだと表示がずれます。その時は
「設定」→「画面表示と明るさ」→「拡大表示」を
「拡大」に設定してください)

それでは、vtグラフを思う存分体験して下さい!