フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

三重県津市の「物理塾」代表 阿部先生にインタビューしました

f:id:weed_7777:20160615095946j:plain

今日は、公立学校を早期退職して昨年から「物理塾」を始められた阿部先生にインタビューしました。阿部先生は、物理の先生であると同時に学校経営のプロですね。「志」をとても大切に考えておられます。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

以下は、伺った話で公開して問題のない内容です。

  • 「物理塾」
    • 阿部先生が津市で昨年開いた
    • 阿部先生:
      • 学校運営の指導者
    • 実験器具はかなり充実している
  • 植田のアプリについて
    • 改善要望 :「斜面の傾きが変わるとグラフの傾きが変わる」ができると良い
    • 運用案
      • 生徒全員にタブレットを配布するのは予算的に非現実的。生徒が自分のスマホでデータをとる、が現実的ではないか
        • これがアクティブラーニング。生徒の発想した状況でデータを取らせる。
      • 授業では、ひととおり勉強が終わってから、アプリのvtグラフを見せるのが良いのではないか