Feel Physics:わかりやすい物理学習アプリ

スマホのセンサーやHoloLensを使った物理学習アプリを作っています

時刻表には駅間の距離が掲載されているのをご存じですか?

f:id:weed_7777:20161023132457j:plain

Feel Vehicleを使って生徒にどんな課題を与えましょう?「駅間の距離をアプリで確かめさせる」のはどうでしょう。生徒は通学時に手軽に実験できますし、教員も時刻表を買っておけば手軽に課題を出すことができます。


今日は三重県の物理教員の勉強会でした。Feel Vehicleを紹介したところ、様々なフィードバックを頂きました。

  • km/hだけでなくm/sでも表示できるようにして欲しい
  • グラフを印刷できるようにして欲しい
    • 印刷するとき、走行距離を非表示にして、生徒に計算させることができるようにして欲しい
  • 都心地方では電車の加速度は全然違うので、時間軸の縮尺を変えられるようにして欲しい
  • 生徒が全員iPadを持っている前提で、Feel Vehicleで撮った映像をクラスで簡単に共有したい
  • 駅と駅のあいだの距離は時刻表に載っているので、生徒が手軽に実施できる実験として、駅間の距離を確かめさせるのはどうか

f:id:weed_7777:20161023154049p:plain

最後のアドバイスは前田先生からいただきました。ありがとうございます。さっそく勉強会の帰りに本屋で時刻表を買い、電車に乗って確かめてみました。その動画は以下のページに載っています。よろしければご覧下さい。

Feel Physics:物理教育アプリをつくっています