フィールフィジックス ブログ - 子どもたちの未来をひろげる

ICT活用、EdTech、STEM 元教員がHoloLensやスマホを使った、わかりやすい物理学習アプリを作っています

プラカップをうまく使うことで手軽に作れる空気砲の実験

f:id:weed_7777:20170201083557j:plain

従来は大きめのダンボール箱が必要な実験でしたが、プラカップをうまく使うことで手軽に作れます。空気砲の実験です。

プラカップの底に穴を開け、飲み口をゴムで覆い、ゴムを引っ張って離すと空気の塊が飛んでいく仕組みです。縁日の投げ縄のようにひな壇に人形が並んでいて、子どもたちは空気法で「狙撃」して楽しんでいました。

(青少年のための科学の祭典2016より)